響き

 

  

Sound

 

ある人が語っておられた
『人間の心情を語ることにかけては、音楽ほど真正直なものはないであろう
嘘をつこうにも嘘のつきようがない
言葉もいらない。理論を追う必要もない
理解しようなどと身構える愚かさを、さらさら必要としない
耳を澄ましていれば、わが心の中の楽器は、しぜんと共鳴するのだ』と

オランダ人のバートさんは、「荒城の月」のメロディーが大好きです
自分の心の中の「文学的音楽」が引き出されると言い
それが胸の内をじんじんと、響かせるのだそうです

音楽に国境はありません。

皮膚の色、言葉、風俗習慣の違い、文明深度の差がどんなにあっても
心情の共鳴に、音楽の力は大きい。


好む音楽の違いはあっても、時代を超え、距離を越え、民族を越え
この共鳴は、正直にもっとも人間らしい姿で、対話しているのでしょう

戦場より帰還した兵士が、「音楽だけが、自分を人間に戻してくれた、、」と

音楽
その中の響きこそが、大きく世界を変える一つの原動力となる
いつもそんな気がしてなりません

響き
産まれてきた赤ちゃんの声
私達の笑う声、泣く声、驚いた声、叫び、嘆きの声

本然的な響きは、いつも世界共通の響きなのですから

 

 

 

The Sound

One said;
“Of telling the human feelings, the music is the most honest.
The music has no lie.
Doesn’t need the words.
Not necessary to chase a theory.
Even doesn’t need stupidity standing to understand.
The musical instrument in my heart is resonant if I listen carefully”


Music does not have the border.
A color of the skin, languages, the difference of manners and customs,

 even if differences of the civilization depth,

 the power of the music are big for the resonance of feelings.
Even if there is favorite difference of the music,

across the times and distance and the race,

this resonance will talk with the most human figure honestly.


The sound.
The baby’s crying sound.
Our sound of laughing, surprising, shouting, grieving and delighting.
The natural sound is always a universal language.