形体仮名

形体仮名とは、

仮名の形体(足場)の図形文字。

 

 

形体仮名が出来上がるまでの経緯:

 

日本人以外に平仮名を教える時、

平仮名の「の」や「あ」と言う字はまぁるく書くのよ、とか、

「ふ」や「ん」は三角形にすると上手くかけるわよ、等と言って平仮名の簡単な枠組みを教えつつ書いていた。

 

その枠組みそのものの形、それを形体仮名と名付けた遠藤欧水の造語。