書塾 書之時ーSchool-「Sho no Toki」

 

書塾『書之時』について  


 書くって楽しい!!

墨で遊び華文字書を楽しむ人達の集まり、

それが『書之時』です。

書と習字は違います。
習字は形にしたがって習う事です。
一方、書は作品の完成過程を重要な要素とします。
墨をする姿勢から始まり、墨色と余白、リズムと構成力、

筆線と墨魂力、何より生命力が必要です。

ただし書に上手下手はありません。
命がこもらない文字は綺麗であっても面白味に欠け退屈です。
ひしゃげていても意(おもい)を載せ、

伝える術を宿らせれば立派なものです。

ここで絶対にやってはいけない書き方があります。

それは雑に書くことです。
雑に生きてはいけません、雑に書いてはいけません。

書におけるスピード感と雑に書くのとは似て非なるものです。
雑に書いてしまう。これほどダメなものはないのです。

『書之時』では、一人ひとりが自己の知性、品性、典雅な心、

豊かな心で、生き生きとした華文字作品を創り出し

表現できればと願っております。 

 

書塾生練習風景