重本一晃書

   

華文字による墨アート  

 

Hanamoji 

華 文 字  
☆ 『華文字』という名称

書画一体、華文字を表現の術とされた

道風平安朝流書法家元 重本一晃氏の
書法名称によるものです
師曰く『心の華の美を最大に表現する文字』です
心象こめて自由に書きあげた書を指します

☆ 華文字の『華』とは
古語を紐解きますと、開きたる花を華という

と述べられております

 

                         書画一体 華文字 重本一晃著より抜粋

 

 

☆その形式  
楷書・行書・草書・漢字・平仮名にわたる飾り文字のことです

☆その特質  
英文では頭文字を大文字で書くように
華文字では注目を惹かせたい文字を

アピールさせるような作品に仕上げます

☆そのポイント
 形や雰囲気また感性など「その文字」が持つ意味合いを

考慮して書き上げます
文字とは表現の手段ですが

その可読性を超えた心象表現もします
よって『文字を超えた文字』を書くこともあり得ます

☆華文字創作法のこつ
筆の運びを軽く柔らかく、手首を無重力の状態で運筆します  

ー秋ー  重本 一晃 書
ー秋ー  重本 一晃 書